いざっ!宮島♡①

ずっと気になっていた宮島。

『8』のパワー?
『∞』のパワー?

弁財天さま?
龍?
瑜伽山?
こんぴら?

今回のキーワード。


引き寄せられるように
行って参りましたぁ〜^^/☆



しかし…。
さすがに、
お盆の真っ只中は人が多いです。




宮島にフェリーで渡り
すぐに遭遇した
べっぴんさんな子鹿ちゃん。

人馴れしてるのかな?
ポージングがお上手‼︎


先ずは腹ごしらえ!
と、いきましょう〜^^♪

宮島と言えば、牡蠣?
と、思いますよねぇ〜。

が、しかし…。
もひとつ、穴子もお忘れなく!

香ばしい香りに誘われて…。
穴子丼定食をいただきました。
見よ‼︎
(笑)で〜ん。
思っていたより、あっさり美味しい♡

さあ、行きますよ〜‼︎


お出迎えの狛犬。
狛犬の表情を見るのがちょっと好き。

狛犬とは。
神社に奉納、設置された空想上の守護獣像です。本来は「獅子・狛犬」といい、向かって右側が口を開いた角なしの「阿像」で獅子、左側が口を閉じた角ありの「吽像」で狛犬です。
阿吽の形になっているのは日本特有の形式で、中国の獅子像などは、ほとんどが両方とも口を開いていて「阿吽」にはなっていません。
獅子・狛犬はもともと別の生き物(空想上の霊獣)ですが、現在ではこの左右別の形状という形式を残したもののほうが少なく、形としては阿吽共に獅子に近いものが多いでしょう。逆に、呼び方は「獅子・狛犬」の獅子が消えて単に「狛犬」に定着しています。
(*解説ものは、ネットより拝借しております)



阿吽の呼吸。
『阿』
なんだか表情が優しく感じますね。

『吽』
こちらは、ちょっと凛々しく。


そして…。
そうそう、この朱色の鳥居♡

今回は、
ちゃんと潮の満ち引きを調べて来ました。
雰囲気ありますねぇ〜。

前回は、潮が引いてしまっていて。
見た目がイメージと違った状態だったので。
(笑)



日本三景のひとつの、この大鳥居…。

なんと‼︎
鳥居は置かれているだけ。 
埋め込んだりしてないらしいですよ。

倒れないのが不思議です。






人の多さにちょっと、
掻き回されて負けそうでした…^^;

厳島神社の御神体を調べてみました。

宮島は「厳島」ともよばれますが、これは「神を斎(いつ)き祀る島」という意味で「島全体が御神体」となっています。
その神聖な”厳島”に位置する「世界遺産・厳島神社」は、推古天皇の御代に「宗像三女神(むなかたさんじょしん)」を祀って建立された神社です。

「宗像三女神」とは、
*福岡県宗像市田島の辺津宮に祭られている「市寸島比売命(いちきしまひめのみこと)」
*大島の中津宮に祭られている「多岐津比売命(たぎつひめのみこと)」
*沖の島の沖津宮に祭られている「田心姫命(たごりひめのみこと)」

記紀神話によれば、これらの三女神は、「天照大神(あまてらすおおかみ)」と「素戔鳴尊(すさのおのみこと)」の「誓約(うけひ)」のとき、「天の安河(あまのやすかわ)」で産まれたと記述されています。
このうち「市寸島比売命」は、その容姿の美しさのあまり、神仏習合では「弁天様(弁財天)」と合わさり崇敬を集めました。
この厳島神社の社名もこの女神の名が訛っていったとされます。
(*解説ものは、ネットより拝借しております)



自分の中のキーワード。
繋がるところだけ、調べてみましたが…。

宮島の島全体が御神体‼︎


に…。

なるほど〜。
どうりで〜。
と、感じるものに納得です。



私は…。
気になったことを自分で調べてみると、
繋がることが結構〜多いですね^^☆

その繋がりで紐解けることもありますし。

点と点が線になる感じ。




今度は、平日に行って。
ゆっくり風情を味わいたいものですね。

是非、みなさまも。
一度、行かれてみて下さい。

宮島、楽しいです^^♡

フラワーエッセンスサロン華彩 〜hanairo〜 あなたの毎日が華彩で幸せでありますように💓

女性は女性らしく『華』であり。 毎日を笑顔で楽しく過ごせるよう『彩』…。 より自分らしく輝ける、そんなサポートが出来たらと思っております。 🌸フラワーエッセンスコンサルテーション🌸 🌸華彩ヒーリングアート(曼荼羅)ワーク🌸 🌸JHAハーバリウムワーク🌸

0コメント

  • 1000 / 1000